個性を活かしながら基礎からていねいに直接指導!
初心者でも安心です。

理事・講師中原 雅考

音響設計家

様々な分野の音響スタジオ設計を多く手がける。音響理論と現業設計を融合させた設計手法を率先して開発し、特にサラウンドスタジオの音響設計に関しては、我が国を代表する存在である。「どの学生も必ず理解できる能力を持っている」がモットーで、本校においても、大学レベルの音響理論を実践的内容にかみ砕き、妥協せずに伝授している。(株)ソナ取締役/オンフューチャー(株)代表取締役。AES日本支部理事。博士(芸術工学)。

高橋 宏幸

PAエンジニア

本校の録音・PA技術科10期卒業のOB。(株)サウンドマン(現・㈱ミックスゾーン)に入社後、PAエンジニアとして、来生たかお、宗次郎などのコンサートミキサーを今もなお担当中。ニッポン放送やJ-WAVEの公開番組などにも携わり、イベントなども含めて「音」に関わる様々な分野で活躍している。長年にわたり現場を統括してきたが、この春独立。本校では、「興育」(興味を育てる)をモットーに、実習科目でPA現場のノウハウを後輩たちに熱く伝授している。

染谷 和孝

サウンドデザイナー/ミキシングエンジニア

ゲーム「Final Fantasy X」「Rookies劇場版」「カイジ」「ホタルノヒカリ」といった劇場映画を数多く手がける。元AES(オーディオ・エンジニアリング・ソサエティー)日本支部・支部長。本校では「映像音楽研究」で音と映像の関係性、「サラウンド入門」で立体音響の基礎を、デモンストレーションを交えた実践的な手法で教えている。

石丸 耕一

舞台音響家

ラジオドラマの脚本家、演出家から舞台音響家に転向。歌舞伎座、新橋演舞場などで伝統芸能や商業演劇の音響に従事。東京芸術劇場の開場メンバーとなって以降、同劇場統括としてオペラ、ミュージカル、バレエ、演劇のサウンドデザインなど多岐にわたって活躍中。本校では、舞台音響全般、とりわけ効果音の作り方・用い方を実践的に指導している。

巻島 英司

CMプランナー

広告会社クリエーティブ・ディレクター。サントリー、花王、トヨタ自動車、味の素など数多くの企業CMを担当する制作責任者として活躍中。全日本CMフェスティバル(ACC)グランプリ(郵政大臣賞)、ニューヨークCMフェスティバル金賞など、受賞歴多数。本校の講師兼アドバイザーとして、次代を担うクリエイターの育成にも当たっている。

特別講師上島 雪夫

演出家/振付家

劇団四季を経てダンサー、振付家として活躍。演出家として「テニスの王子様」を初舞台化、2015年より第3シーズンを迎え16年のロングラン大ヒット作となる。他に「南太平洋」「キス・ミー・ケイト」「スィート・チャリティ」OSK DANCE REVUE「ロミオとジュリエット」「巴里のアメリカ人」など数多くの舞台作品で演出・振付・構成を手掛け、その斬新な表現手法が注目を集めている。

遠藤 フビト

ミュージシャン/作詞家/音楽プロデューサー

幼少期をNYで過ごし、その間に本格的なヴォーカル・テクニックを学ぶ。数多くの音楽作品を手がけ、「アイドルマスター」シリーズに歌詞を多数提供する他、「ファイナル・ファンタジー」シリーズで知られる世界的ゲーム音楽家植松伸夫氏のバンド「EARTHBOUND PAPAS」にリード・ヴォーカリストとして参加。本校では現場体験を交えた刺激的な授業が学生達に人気。

田中 有香

MAエンジニア

本校20期卒業後、株式会社バードマンにて音楽番組、CM、音楽DVDなどのMAを経験。その後、株式会社スタジオツィンクにて、スターチャンネル、ファミリーチャンネルなどの番組、ディスカバリー、アニマルプラネットなどのボイスオーバーのMAを経験。2003年 有限会社サルミックス設立。番組、CM、企業VP、PV・DVD(銀杏BOYZ、the pillows、ハロプロなど)多数。

塩澤 利安

レコーディングエンジニア

日本コロムビア所属。アキコ・グレース、渡辺香津美、本田美奈子、高嶋ちさ子、矢野沙織、及川浩治、平原まこと、塩田美奈子、大江光など、ジャンルレスな幅広いアーティストを担当し、日本プロ音楽録音賞を多数受賞。本校ではレコーディング実習を中心に、理論系科目も数多く担当している。

塩田 修

レコーディングエンジニア

本校22期卒業後、ソニーミュージック信濃町スタジオでレコーディングエンジニアとしてのキャリアをスタート。ソニーミュージックスタジオ(乃木坂)を経てフリーランスに。携わったアーティストは、AKB48・矢沢永吉・JUJUなど。本校ではレコーディング系授業を担当し、後輩である在校生たちへ現場のノウハウをわかりやすく伝えている。

滝本 壽

プロデューサー/ディレクター

トルバドール音楽事務所、禅プランニング等を経て、プロダクション(有)アコルトを設立。日本TV「24時間テレビ」、フジTV「ものまね王座決定戦」、東京FM「千葉繁のスパイラルワールド」など多くの番組/音楽/CMプロデュースで活躍。本校では、音響監督の立場でアフレコ実習を担当。現場を熟知した演出指導が学生の経験値を上げている。

加藤 晴美

PAエンジニア

「キャット(日清パワーステーション)」「クレアジャパン」を経てフリーランスとなる。1998年に「ハルソニック」を設立。日本の女性SRエンジニアの草分け的存在として、EPO、岡本真夜、斎藤誠、山本潤子などのPA/SRを多数手がける。また、ライヴレコーディング、ミキシング、マスタリングにも活動の幅を広げている。本校では学外ホールなどでのPA実習を担当。

加島 貴彦

映像プロデューサー

本校32期卒業。映画音響会社を経て、㈱ピクス入社。映像プロデューサーとしてPerfumeのMVをはじめ、TV-CM、Web動画等多くの作品を手がける。プロデューサーとして参加した六本木ヒルズ10周年Web動画『TOKYO CITY SYMPHONY』ではカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルでシルバー賞を受賞。本校ではエンタメシーンの新しい映像手法を学生に講義している。

水越 佳一

音響プランナー

本校6期卒業。映画音響エンジニアを経て、現在は演劇やミュージカルの音響プランナーとして活躍。日本を代表する舞台演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏の作品の音響デザインを数多く手掛けている。本校では実習担当教員として、長年の舞台音響制作で培った技術と経験を、ステージ業界を目指す後輩たちに基礎から指導している。

中西 聡

演劇/音楽/エンターテイメントプロデューサー

音楽劇『蒼穹のファフナー』、『ディス・ワンダーランド』、『手紙/Wind blow Concert』など数々のライヴエンターテイメントを制作。音楽プロデューサーとしても、日米韓合作映画『はりまや橋(HARIMAYA BRIDGE)』、『心中天使』等を手掛ける。ストレートプレイからミュージカル、ショー、コンサートまで手掛けるエンターテイメントプロデューサーとして活躍中。

知久 一純

プロデューサー

株式会社スティールストリート代表取締役。NYのDANCE MUSICに衝撃を受け、NYと日本を行き来しながらフリーのDJ、プロデューサーとして活動。2009年より野外フェスティバルの運営・制作業務を開始(BAYCAMP、カワサキハロウィンなどを担当)。現在はイベント制作・運営、アーティストマネジメント、音楽配信、レーベル業務などをワンストップで行っている。

由雄 淳一

オーディオ機器開発・研究家

パイオニア(株)研究開発本部・研究企画部副参事。CDの開発に携わったのち、DVDのフォーマットを策定する「DVDフォーラム」のメンバーとして、DVD-Video、DVD-Audio規格策定の中心的な役割を果たすなど、日本のデジタル技術分野を代表する存在。授業では複雑な「デジタル・オーディオ技術」をわかりやすく解説している。

五井 千鶴子

ラジオCM/ディレクター

文化放送入社以来、CMやラジオ番組のディレクターとして活躍中。日本民間放送連盟 ラジオCM部門・最優秀賞、全日本CMフェスティバル(ACC)グランプリ・最優秀賞・ACC賞の他、海外のCMコンクールでも受賞歴多数(約400本)。本校では、演出家の立場から、サウンドクリエイターやディレクターの育成に当たっている。

福井 智子

アニメーター

タツノコアニメ技術研究所出身。現在はフリーとして、「機動戦士ガンダムUC」、「ヤマノススメ」、「グリザイアの果実」、「Gのレコンギスタ」などを手掛ける。制作会社や学校等で新人指導に当たり、後進の育成にも意欲的に取り組んでいる。本校でも、アニメ制作の概要を現場エピソード満載で教える授業が大好評。学生達に職人魂を伝えている。

森崎 雅人

マスタリングエンジニア

本校21期卒業後、音響ハウスに入社。CD制作、劇伴(映画・TV音楽)、CM音楽などのあらゆる録音現場でスタジオワークを習得。エンジニア修行の途中でトム・コインのサウンドに衝撃を受けマスタリングに転向。サイデラ・マスタリングのチーフ・エンジニアを経て、現在TinyVoice,Productionチーフエンジニア。音色の深み、スピード感、心地よい倍音を常に探求し、世界レベルの音を目指している。

永谷 喜美雄

ビデオエディター

本校11期卒業。在学中に映像制作の面白さに目覚め、東京サウンドプロダクションに入社、ビデオ編集担当となる。バラエティー番組等を中心にテレビ番組の編集を数多く手がけ、現在はフリーのビデオエディターとして活躍中。本校では、豊富な技術ノウハウを結集したオリジナル教科書を用いて、映像機器やビデオ信号の仕組みなどを後輩たちにわかりやすく指導している。

永井 秀文

サウンドデザイナー

(財)ヤマハ音楽振興会所属の音響エンジニアとしてポピュラーソングコンテスト、世界歌謡祭(日本武道館)などの音響業務を担当。ウィーン交響楽団、ベルリン交響楽団、新日本フィルハーモニーなどクラシック音楽の録音プロデュースや音響デザインなどで幅広く活躍。ゼミ指導のほか、音響技術研究科の授業や課外録音を主に担当している。

磨知 隆

プロデューサー

本校11期卒業。ソニーミュージック所属アーティストの映像を手がけた後、音楽番組専門テレビ局のスペースシャワーに入社。制作技術全般のプロデューサー及び統括を行う。現在(株)629代表取締役社長。数多くのメジャーシーンの音楽PV、ライブDVD、教則DVDなどを手がける。本校では映像制作系授業を担当している。

平 大助

イベントプランナー/DJ

ライブハウス新宿MARZのブッキングマネージャー・店長として2009年~2014年まで勤務。その後はフリーランスとしてイベント主催、ライブツアー制作、アーティストマネジメント、イベントMCなど多岐にわたる活動を行っている。また、DJ/演者としても、年間150本ほどのペースで全国を飛び回っている。本校ではイベント制作関連の授業を担当。

田辺信道

映画プロデューサー/映画録音エンジニア

本校4期卒業。岩波映画製作所で記録映画、劇映画などの録音を手掛けたのち独立。映像録音だけでなく、自ら記録映画などをプロデュースし、毎日映画コンクール「記録文化映画賞」や「文化庁映画賞大賞」を受賞する。本校ではそのマルチな職域を活かして、映像作品制作の企画・録音・編集・MAまでを一貫して指導している。

相原 衣里

照明デザイナー

本校卒業後、(株)綜合舞台サービスに入社。その後、複数のライブハウスでキャリアを積み現在はフリーに。O-EastやZepp Tokyo、劇場・ホールで、ピアノゾンビ、乱舞虎など数多くのアーティストのライブや演劇の照明を手掛ける。豊富な現場経験を織り込んだ実習が学生達から好評だ。音芸OGとして活躍するライフスタイルも、特に女子学生からの憧れの的になっている。

丸山 光義

MAエンジニア

アオイスタジオを経た後、パールスタジオにて数多くのTV・音楽番組の音声及びMA業務に従事。新規MAスタジオや劇場の音響設備の設計にも携わる。現在はフリーランスとして、アニメなど映像作品の音声業務を担当する一方、PAミキサーとしても活躍。音響技術全般に幅広く精通している。後進の育成と同時に生涯現役を貫くことが信条。本校では映像コンテンツ制作実習を担当している。

小沼 則義

アニメ音響ミキサー

本校35期卒業後、アニメ音響会社の老舗Audio Planning U(APU)に入社。名音響エンジニア/音響監督であった故・浦上靖夫氏のもとでアニメ音響ミキサーとしての研鑽を積む。現在は独立し、「名探偵コナン」「映画ドラえもん」「劇場版名探偵コナン」「劇場版コードギアス」などのアニメ作品のほか、ゲーム作品の音響ミキサーも担当している。