第48期 卒業制作・研究オンライン発表会

 

音芸の「卒業制作・研究発表会」は長年、
会場となるホールに業界関係者/保護者/卒業生/在校生などをお迎えし、
作品や研究成果を発表する形式で実施されてきました。
しかし、今年度は大勢のお客様をホールにお迎えすることができません。
そこで、音芸はこれを「新たな卒業制作発表会のあり方を見出すチャンス」と捉え、
卒制のレギュレーションを大幅に変更するとともに、
発表形式もYouTubeを利用したオンライン発表に切り替えることといたしました。

 

音芸48期生のほとんどにとって、これが「最後のアマチュア作品」です。
ぜひ、ご視聴いただき、以下のフォームより、ご奇譚のない感想をお寄せください。
卒業していく学生たちにとってはそれが一番の糧になります!
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

音響芸術専門学校 学校長/見上陽一郎

 

「卒業制作・研究オンライン発表会」にお越しいただき誠にありがとうございます。
宜しければ、ご意見、ご感想をお聞かせください。
アンケートはこちら ☜click!

 

 

録音・PA技術科

 

『しょくぶつずかん』

日本に来られなくなったアメリカの友人『レオ』を元気づけるため、『ミズホ』はとあることを思いつく。
さて、ミズホは何をするのかな?
お花やポップなBGMを使用し華やかさやかわいさを感じられるストップモーション作品になっています。
キーラビット長谷川にもご注目ください。

 

『Walk In The Future』

東京の街並みを、片手に収まるiPhone12で撮影。
またAfter Effects等の様々なクリエイティブソフトでの加工を施し、まるでPVのようなクオリティを実現。
過去と現在が目まぐるしく変わりゆく東京で、未来へ歩き続ける留学生を写した

 

『Every Moment』

日常も見方によって劇的に見えます、そして映像作品は予告編の見せ方によって全く違うものに見えます。
この作品は、5人の音芸学生の卒業制作を描く架空映画の予告編です。
映画本編は卒業制作の中で過ぎ去った日々であり、私達のEvery Momentです。

 

『35 66 13 25 / 139 75 07 86 →』

企画書が最後の最後まで通らなかった作品です。
音芸生活での、これまでとこれからを思う感情を落とし込みました。

 

『仮初の執刀医』

本作品は、ホラーテイストのボイスドラマです。
舞台はとある病院。駅で転倒し怪我をしてしまった主人公が病院を訪れるところから物語は始まります。
病院で主人公を待ち受けるものとは……?
ヘッドホンまたはイヤホンを使用してお楽しみください。

 

『こうもりじいちゃん物語』

子供も大人も一緒に楽しめる童話を制作したいと思い、「こうもりじいちゃん物語」を企画することにしました。
本作品を通じてコウモリじいちゃんの最後の旅程をお見せし、その中でささやかな喜怒哀楽を一緒に感じながら鑑賞していただけたらと思います。

 

『榊原』

高橋明は「漫画家」という夢があるが、なかなかうまくいかない。
そんなある日、「榊原」と名乗る男が「私は指パッチンをするだけで願い事を叶えられる」と言ってきて・・・

 

『三宅 鷹矢「灰になる」feat.初音ミク / Miyake Takaya – Burn out.』

初音ミクを使ったボーカロイドの楽曲を制作しました。
学校を通じて、今までの生活で感じた思いを歌にしてみました。
最後まで聞いていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

 

『Transcend』

OvallさんのTranscendという楽曲をお借りしてミュージックビデオを作りました。
出演してくれた2人は服が好きなのですが、かっこいいとかダサいとかは置いといて、思ったことを正直にやるっていうのはいいことだなと思います。
思ったことを正直にやってTranscendしようって言いたかったんです。

 

 

ライブ音響・コンサートスタッフ科

 

『リアル人生ゲーム』

偶然手に入れた人生ゲーム。しかその人生ゲームはコマ指令を実際に行わないといけないものだった!
食べたり飲んだり走ったり。ゆる~~く進めていく日常ドラマ (?)
全編iPhoneで撮影したこの作品。是非ご覧ください!

 

『Navy Sugar「star 」』

Navy Sugarさんのstarという楽曲 の MV を制作 しました。
曲のストーリーを落とし込んだ絵本や、アニメーションを取り入れた作品となっており、演奏シーンは全てスマートフォンやタブレットで撮影しました。

 

『暮色蒼然』

京都大阪で撮影をした作品です。
変わった感じになるよう映像に特にこだわりました。
音源はショパンのノクターンで不思議な雰囲気の曲で、お互いの相乗効果で独特な作品になりました。

 

『カホンのコマドリvideO』

この動画は、手で面を叩いて演奏する打楽器「カホン」をコマドリ撮影をし、作成した動画です。
飽きずに目で見て楽しむ事ができ、作り方、構造のわかる動画になっています。

 

 

ミュージカル&ステージスタッフ科

 

『第二回ブイラボミュージカルクラスドキュメンタリー』

今回、 第二回ブイラボミュージカルクラスにスタッフとして参加し、ドキュメンタリー 撮影では撮影では初参加の関根佐和子さんに密着しまた。

 

『ブイラボコレネクショー2020公演記録映像』

ブイラボ ミュージカルが主催した配信公演が2020年12月25日~27日の3日間で行われました。
私たちは、公演スタッフとして携わり、公演のダイジェスト映像を制作いたしました。

 

『可愛くなりたい Ver.SS MV班』

HoneyWorksさんの可愛くなりたいという楽曲を使用してクリスマスデートまでに可愛くなるというテーマを元にMVを作りました。
スマホだけで何でもできるこの時代に合わせて、このMVはスマホだけを使用し、撮影、録音、編集を行っています。

 

『日本と韓国を知ろう (食べ物 、マナー編)』

私達の班は、日本と韓国の食べ物、マナーを紹介する映像を制作しまた。
浅草や原宿、新大久保 に実際に行き日本料理と韓国料理を食べ、その料理を紹介します。ぜひご覧ください 。

 

『【限界 オタク 】舞台 オタク が劇場に ついて 語ったら 15 分ギリだっ た』

私たちが 今まで 見た 舞台 を思い出しながら 語れば 、
これから 見る 舞台 が もっと違う 目線 で見ることができ 、視野を 広げられる かと 思い 撮り始め たのはいが 、
2時間 近く 熱く 語って しまい カット だらけに なってしま いました 。

 

 

音響監督・ビジュアルアート制作科

 

『赤ずきん』

赤ずきん達が私たちのいる教室に現れ、馴染みのある物語が展開されます。
しかし、赤ずきんたちを助けに入ったのは教室にいた人間でした。
紙人形の赤ずきん達が教室で動き回るコマ撮りと映像、クロマキー合成 を使ったちょっと変わった作品です。

 

『夢‐DREAM』

人はとある締め切りが迫ってきている時どのような夢を見ているでしょうか。
人の経歴によっていろいろ違いがあると思いますが、「私」の夢を見てください。

 

『一人でもできる、MV作ってみた!』

曲、映像の全てを自分一人で行ったMV企画です。
曲は全て打ち込みで作り上げ、映像After EffectsとPremiere Proを使用して作り上げました。
MV終了後に、簡単な感想を添えた作業レポート動画を載せています。

 

 

夜間総合学科

 

『K&Kの時間ですよ!』☜click!

皆さんは、普段ラジオを聴く機会はありますか?
今回、私達は皆さんに楽しんで頂けるように、コメディドラマを入れたラジオ番組をご用意しました。
夜間部の団結力を活かし、2年間学んだものをこの制作に詰め込みました。
是非お聴きください。

 

「卒業制作・研究オンライン発表会」をご視聴いただき誠にありがとうございました。
宜しければ、ご意見、ご感想をお聞かせください。
アンケートはこちら ☜click!